4.前 2/10ページ 6.次

※マンデリン・深煎り (コーヒー豆/単品(深煎り))

マンデリンはもともと苦味のある豆ですが、
それを深煎りにして苦味を強調しています。

その分マンデリン特有の土臭さがコクのある苦味
に変化しています

960円


※コロンビア・深煎り (コーヒー豆/単品(深煎り))

苦味が前面にでることはなく飲みやすい珈琲です。

深煎りにしても酸味と口当たりの滑らかさ、
香りやマイルドさが感じられます。

900円


※ホットな小休止 (コーヒー豆/ブレンド(中煎り))

すっきりしたのみやすい
アメリカンタイプのブレンドです。
うちの店でアメリカンタイプのコーヒーとは
後味が弱いコーヒーをさします。
このコーヒーは、酸味も苦味も弱く
仕事中に飲むのにいいコーヒーです。
(ブラジルベースのブレンド)

この珈琲にはこんな食べ物が合います。
いちごのショートケーキ(オカヤス)、マルゲリータピザ(AOKI\\\\\\\'S PIZZA)

900円


※天使の休息 (コーヒー豆/ブレンド(中煎り))

砂糖ひかえめなかたに最適です。
あっさりと上品な酸味をもっています。
このブレンドも、後味が弱い

アメリカンタイプです。
少し酸味を持っているのでホットな小休止より
高級感があります。
読書などでじゃまにならずに
何杯でも飲めるブレンドです。
(コロンビアベースのブレンド)

この珈琲にはこんな食べ物が合います。
うなぎパイ(春華堂)、赤飯のおにぎり(サークルK)

900円


※小さな初恋 (コーヒー豆/ブレンド(中煎り))

キリマンジャロをベースにした
後味にさわやかな酸味が残るブレンドです。
このブレンドは・・・
余韻に酸味を感じるコーヒーです。

もともと、余韻のあるコーヒーは
何杯も飲むコーヒーではなく
一杯のコーヒーを楽しむものだと思います。
(キリマンベースのブレンド)

この珈琲にはこんな食べ物が合います。
ナゲット(KFC)、お好み焼き(マヨなし)、たこ焼(マヨあり)

900円


※静かな夜 (コーヒー豆/ブレンド(中煎り))

夜、くつろいだときにどうぞ。
にがみが強く砂糖・ミルクをいれると
独特のコクが生まれます。

このブレンドは、余韻に苦味が残ります。
とくに、余韻が長く続くため
何杯も飲めないコーヒーです。
(マンデリンベースのブレンド)

この珈琲にはこんな食べ物が合います。
レアチーズケーキ(まるたや)、骨なしチキン(KFC)、メキシカン・タコスピザ(AOKI\\\\\\\'S PIZZA)、塩豆大福(サークルK)

960円


※ハートにくちづけ (コーヒー豆/ブレンド(中煎り))

香り高く、やわらかな甘味を持つ
ブレンドです。
女性を意識してつくりました。
このブレンドは、余韻に
甘味を感じるコーヒーです。

ブレンドの中では、一番香りが強く
下手な人がいれても香りでごまかせるコーヒーです。
(モカベースのブレンド)

この珈琲にはこんな食べ物が合います。
うなぎパイV.S.O.P、うなぎパイクラッシュナッツ(春華堂)、あげ潮(まるたや)、ハンバーグサンド(KFC)、肉まん、みたらし団子、こんぶおにぎり、ツナマヨおにぎり、南高梅おにぎり(サークルK)

960円


※ときの魔法使い (コーヒー豆/ブレンド(中煎り))

ガテマラベースのブレンドが新登場!

甘さと余韻に特徴があります。

ガテマラをベースにして、モカの甘さでも
深煎りの持っている甘さでもない
複雑さのある甘さを楽しむブレンドです。

コーヒーが苦手な人にこそオススメです。

900円


※第1回ブレンドコンテスト優勝 春ブレンド (コーヒー豆/ブレンド(中煎り))

第1回ブレンドコンテストにて、応募総数:30個の中から
栄えある1位に輝いたブレンドです。

モカをベースに使い、春のぽかぽか太陽のような優しい
酸味と甘味が魅力的なブレンドです。

決勝戦はフレーバーコーヒーを訪れたお客様が
実際に試飲をして投票を行いました。

そんな厳正な審査で選び抜かれたブレンドです。

誰からも愛される柔らかい香味をお楽しみください。

900円


※エレタのきずな (コーヒー豆/ブレンド(中煎り))

パナマをベースにしたブレンドです
このブレンドは珈琲屋の常識を排除して
つくった自信作です

今回・・このブレンドつくっていて
ぼくも珈琲屋の常識に縛られていると感じました

1,250円


4.前 2/10ページ 6.次

9.買い物かご